本文へスキップ

法律に関するご相談は、岐阜県多治見市の冨田法律事務所へ。

アットホームな事務所でお待ちしております。

お気軽にお電話ください0572-24-1398

受付時間:午前9時〜午後6時(土・日・祝日を除く)
スマートフォンは電話番号にタッチして発信できます

法律相談・取扱業務

冨田法律事務所では、法律に関するさまざまな「お問い合わせ・ご相談・ご依頼」を承っています。

記載のない事柄についても、対応できる場合がございます。

お気軽にお問い合わせください。

  主な取扱業務 


離婚・夫婦の悩み 相続・遺言 成年後見

労働問題 交通事故 借金問題

不動産 消費者問題 中小企業

刑事事件・少年事件 その他

離婚・夫婦の悩み

「離婚をしたい」

「浮気(不倫)をしているので、慰謝料を請求したい」

「別居して生活していけるか心配」

「子どもの親権や養育費、財産分与ってどうなるの?」

「相手に暴力を振るわれている(DV)」

 このようなご相談をよくお受けします。

 夫婦関係の悩みは感情的になりがちです。

 当事者間で話し合いをしている段階から弁護士にご相談いただくことで、問題の解決がスムーズになることが多くあります。

 落ち着いた生活を取り戻すため、ぜひ弁護士にご相談ください。

 (女性弁護士をご指定いただくことも可能です。)

相続・遺言

「遺産の分け方についてもめている」

「相続人の一人が親の財産を独り占めしている」

「亡くなった親に借金があることがわかった」

「遺言を書きたい」

 このようなお悩みをお持ちの方はぜひご相談ください。

 遺産分割、遺言などご相談内容に応じた法的なアドバイスとともに、相続財産の調査、相続放棄や限定承認の手続、遺産分割調停の申立て、遺言書の作成等、ご要望に応じた手続をご提案いたします。

成年後見

「一人暮らしをしていて、将来のことが不安」

「認知症の親の財産管理はどうしたらよいか」

 成年後見制度は、認知症や障害などにより判断能力が不十分な方を法的に支援する制度です。

 判断能力が低下したことを理由に申立てをして後見人等をつける「法定後見」と、将来判断能力が不十分になる場合に備えてあらかじめ支援してくれる人と契約をしておく「任意後見」があります。

 これらの制度を利用した方がいい?費用や手続は?など、お気軽にご相談ください。

労働問題

 使用者と労働者の間には大きな力の差があり、労働者は過酷な立場に置かれがちです。

 職場でのいじめや、退職強要、理由のない解雇、過労による発病など、労働者が抱く悩み、苦しみは様々です。

 冨田法律事務所は一貫して労働者の立場に寄り添い、労働者と共に闘ってきました。

 自分が置かれている状況がおかしいのでは、という不安をお持ちの方は是非ご相談ください。

交通事故

 交通事故で受けた被害について正当な損害賠償を請求するためには、専門的な知識や相手方・保険会社との間での粘り強い交渉が必要となります。

 弁護士が代理人として交渉することにより、算定方法によって賠償金額が増額する場合がありますし、ご自分で交渉することによるストレスをなくし治療に専念することができます。

 不幸にして交通事故の被害にあわれた方やご家族の方は、正当な賠償を受けるため、ぜひ一度ご相談ください。

 既に保険会社から賠償額の提示がある方は、ぜひ資料をお持ちください。

借金問題

 サラ金やローンなどの返済で生活が苦しくなっている方の生活の立て直しをお手伝いいたします。

 任意整理、民事再生や破産手続など、悩みに応じた方法をご提案いたします。

 弁護士が事件処理を受任した後、債権者にその旨を通知すると、金融機関からの取り立てが止まります。

 借金の返済でお悩みの方、債権者の取り立てにお困りの方は、ぜひご相談ください。

不動産

 賃貸借契約上の問題(地代、家賃の滞納等)、境界争い、共有物の分割など、不動産にまつわる問題は様々です

 紛争解決には、法律や判例などの専門知識が必要となります。

 お悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

 ご相談の際には、契約書や登記簿謄本など関係資料をお持ちください。

消費者問題

「変なサイトにつながり料金を請求された」

「訪問販売でした契約を解約したい」

 消費者保護を目的にした法律が多くあります。

 クーリングオフなど期間制限がある解決方法もありますので、「おかしいな」と思ったらお早めにご相談ください。

中小企業

 債権回収、契約書のチェックなどを数多く行ってきました。

 紛争を事前に予防するため、発生した場合に迅速に対応するため、継続的に中小企業をサポートしていく「顧問契約」もお受けしております。

 お気軽にご相談ください。

刑事事件・少年事件

「家族が逮捕されてしまったが、どうしたらよいか」

「被害者に謝罪し、示談をしたい」

「事件に巻き込まれてしまった。どのように対応したらいいか」

 弁護人は、被疑者、被告人の方の置かれた状況に応じ、身柄拘束からの解放、不当な取り調べの阻止、被害者との示談交渉に取り組みます。

 刑事事件・少年事件は時間との闘いです。

 身近な方が被害者、加害者になった場合には、すぐにご相談ください。

その他

 普段の生活の中で、「おかしいな」と感じたらぜひご相談ください。